クレンジング

洗顔の仕方を変えればお肌はどう変わる?

洗顔って、みなさん毎日しますよね。

最低1回、一般的には朝晩の2回が多いでしょう。運動をしているかたや、脂性肌の方はそれ以上している場合もあると思います。

では、最もオススメな洗顔方法は何回でしょうか?

オススメなのは、2回です。朝と晩の2回。しかし同じ2回でも、お肌の状態に合わせて洗い方を変える必要があります。

<乾燥肌・敏感肌の場合>

乾燥肌・敏感肌の方は、お肌の皮脂や水分が少ない状態にあります。

夜は日中の汚れや化粧を落とすためにしっかり洗うべきですが、朝は石けんを使って念入りに洗う必要はないです。

とは言っても、夜中汗をかいたり、枕や布団についている汚れが顔に付いていますので、お水でそれらを落としましょう。その後きちんと保湿することも重要です。

<脂性肌の場合>

脂性肌の方で、朝のべたつきや毛穴の汚れが気にならない方は、乾燥肌の方のように必要以上に洗顔する必要はありません。しかし、それらが気になる場合は朝も石けんで丁寧に洗顔しましょう。

混合肌の方で、洗顔すると乾燥が気になってしまう方は、脇の臭いなどの脂が気になる部分だけ石けんをつけるという手もあります。

保湿と同様、洗顔はお肌の状態に合わせて変える必要があります。

私は混合肌なので、朝起きたとき小鼻のざらつきが気になるなと感じたときは石けんを使って丁寧に洗います。気にならないときは、水だけで洗います。

それでも、トラブルを起こすことはありません♪

夜の洗顔はどうしてますか?

朝の場合は上に挙げたとおりの洗顔方法で十分ですが、夜はメイクや一日で溜まった皮脂を落とす必要があるので、きちんと洗う必要があります。

そこで登場するのがクレンジング。

このクレンジングは、落ちにくいメイクを落とすために作られているので、肌にとっては刺激がとても強いのです。

オイルクレンジングならどんなメイクもキレイに落ちるから、ずっとオイルを愛用しています♪というかた、多いと思います。私もそうでした。

人気のクレンジングもやはりオイルタイプのものが多いですよね。

しかし、クレンジングには他にもさまざまなタイプのものがあります。

クリームやミルク、泡など、その状態によって落ち方も変わります。

しっかり落ちるもの=肌への刺激が強いということです。

メイクの状態に合わせて、クレンジングの強さを変えることでお肌への負担はぐっと変わり、負担が減れば肌本来の力も向上します。

私の場合は、普段がBBクリームとアイメイクのみというシンプルメイクにもかかわらず「しっかり落とさないと!」という思いから、オイルクレンジングでメイクをオフしていました。

でも、いまいちマスカラだけが落ちずに、洗顔後の顔を見ると目の下に落ち残りのクマが・・・という状態。

でもクレンジングを見直し、アイメイクはマスカラ用のクレンジング使ってしっかり落とし、お肌は純石けんを使うだけにしました。クレンジングを変えてから1ヶ月経ちますが、特にトラブルなく健康肌です^^お肌にできていたぷつぷつとしたニキビもなくなりました。

クレンジングは、人気のものを使うより自分のメイク状態に合わせて選ぶのが一番です